twitter instagram

ボリンジャーバンドの欠点をカバーするMeanderインジケーター

ボリンジャーバンドはトレンドの方向性や強さを知るのに、大変便利なインジケーターですが、欠点もあります。
今回紹介するMeanderインジケーターはその欠点をカバーするべく、4本値を考慮してラインを描きます。
Meanderインジケーターとボリンジャーバンドの違いを解説しながら、検証をしていきます。

続きを読む

安全性の高いパーフェクトオーダーの賢い使い方

FXをする際に、どこでエントリーをしどこで利確をするかは、初心者もベテランのトレーダーも悩むところでしょう。
更に、FXはトレンドに逆らって勝つことは出来ません。
今回、期間が異なる複数の移動平均線が揃った所でエントリーすると無理なく勝てる「パーフェクトオーダー」を解説いたします。

続きを読む

冷静にFXトレードを行うために不可欠なシナリオ作りとは

FXトレードにシナリオを用意せずに臨むと、どうなるでしょう?
相場はトレーダーの予想を裏切ることは当たり前にありますので、対応できずにパニックに陥ってしまい大きな損失になってしまうかもしれません。
FXは上がるか下がるかのみの単純な動きではありません。
FXトレードに必要なシナリオ作りについて知っておきましょう。

続きを読む

短期足チャートに上位ローソク足も表示させる「HT_Higher_Candle」

トレード開始前に環境認識を行うことは、大変重要な作業になります。
マルチタイムフレーム(MTF)分析をすることで、トレンドの強弱やサポートライン・レンジスタンスラインの効力の加減も掴むことが出来、今後マーケットが向かう先のシナリオ作りに役立ちます。

マルチタイムフレーム分析の解説はこちら
マルチタイムフレーム分析を使った環境認識をマスターして勝ちのシナリオを見つけよう

「HT_Higher_Candle」は使っている時間軸のチャート上に、上位時間軸のローソク足を同時に描画することで、相場の大きな流れの中での現状を掴むことが出来ます。
今回は、「HT_Higher_Candle」の紹介と使い方を解説いたします。

続きを読む

MACDよりも売買サインが早く表れるOsMA

FXトレードで役に立つオシレーター系インジケーターと言いますと、MACDを使われている人が多いですが、それよりも早くに売買サインを出してくれるOsMAをご存知でしょうか?
OsMAはトレーダーの間でも人気の高いMACDの進化系テクニカル指標になります。
OsMAの使い方を解説し、MACDと比較して検証していきます。

続きを読む

x