twitter instagram

【株取引体験談】ボラティリティが大きい時

相場が普段と違う動きをしているとき、初心者はついつい慎重になってしまいます。
しかし、相場の動きが大きいときのマイルールを決めて成功した人も!
今回はそんな成功例をご紹介します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ボラティリティが大きい時はストップロスを設定して株式取引をする人が多いので、ストップロスにかかったものを拾うという株式取引も有効な取引方法だと私は思います。
ただ、普通はこのような取引方法は値動きも速いためデイトレードできる環境にない人には難しいのかもしれません。

私はデイトレードできる環境ではありませんが、スイング取引で通用するやり方でストップロスにかかったであろう株式を拾う株式取引を行っています。  

その取引方法とは、多くの銘柄に単純に非常に安い値段で買い注文を出しておくというやり方です。
多くの場合、私が出す買い指値注文は約定することはありません。
しかし、株式市場が荒れたときには株価が下げて思わぬ安値で約定することもあるので、私は相場が荒れているときには積極的に安い値段での買い注文を出すのです。

大抵の場合は数日で株価は戻るのでこのようなときに購入した株式は利益になります。
しかし、リーマンショック級の大暴落のときは、大きな損失を被ってしまいます。

x
Scroll Up