twitter instagram

いち早く値動きへの反応がわかるウィリアムズパーセントレンジの使い方とダマシ回避の方法

ウィリアムズ%Rをご存知でしょうか?
MT4(MT5)に標準搭載されている、買われ過ぎ・売られ過ぎを表示するオシレーター系インジケータです。
買われ過ぎ・売られ過ぎの指標としては、RSIやストキャスティクスが有名ですが、ウィリアムズ%Rの秀でた部分も知っておきましょう。

続きを読む

回復傾向から再び下落も!9月の各国の為替相場の変化とは?

引き続き新型コロナウィルスの影響は各国の通貨にも影響を与えています。
4月辺りから景気の緩やかな回復の基調が出ていた米国、ユーロ圏もその速度は鈍化し下落に転じている通貨もあります。
その背景には各国の経済指標や要人発言、新型コロナウィルスが関係しています。
景気回復の方向に向かっていた各国に何があったのかを解説いたします。

続きを読む

買われ過ぎ・売られ過ぎを示す指標「ストキャスティクス」

FXで相場の勢いが分かり、買われ過ぎ・売られ過ぎが表示されれば、ポジションの取得や決済が遣りやすくなります。
ストキャスティクスは「買われ過ぎ・売られ過ぎ」を、サブウインドウにラインで表示して、トレーダーに売買ポイントのサインを出して教えてくれるテクニカル指標です。

続きを読む

再登場や終了間近のお得なキャンペーンも!10月のキャンペーン情報

10月のキャンペーンの注目は、SBI FXトレードのスプレッド縮小と再登場のみんなのFXのスワップポイントキャンペーン。
SBI FXトレードは高額アマゾンギフト券プレゼントも見逃せません。
毎月恒例のヒロセ通商のグルメキャンペーンは食欲の秋にピッタリのカレーセット!
今月もお得なキャンペーンをお見逃しなく!

続きを読む

プライスアクションの売買シグナル「ピンバー」

始値・高値・安値・終値、この4本値でローソク足は出来上がります。
そして、ローソク足の形状は、相場の勢いで形が決まります。

そんな相場の流れを変える程勢いがあるプライスアクションの一つに、ピンバーがあります。
今回、ピンバーの優位性や欠点などを、解説していきます。

続きを読む

相場を知るには投資家心理を知れ!|FXで投資家心理を表す「サイコロジカルライン」

FXで利益を出すために日夜、研鑽を積み努力を重ねることは、個人投資家も機関投資家も変わりません。
しかし、投資家の心理は皆、それぞれの状況により異なります。
市場に参加しているトレーダーは、レートが上昇を続けると心理的に強気になります。
そして、下落が続きますと弱気になる傾向が見られます。
レートの変動は、市場参加トレーダーの思惑が数値として現れ、多くの同意を得た方向へ動いて行きます。
今回、解説する「サイコロジカルライン」は、相場に参加している投資家たちの心理を数値化してチャートにラインで表示してくれます。

続きを読む

究極のインジケーター「アルティメットオシレーター」

FXでテクニカル分析をする際に、チャートに補助機能として、インジケーターを動作させて、より精度の高い分析を試みるトレーダーは大勢います。
中でも今回紹介する、アルティメットオシレーターは、オシレーター系インジケーターの欠点を、3本の時間枠を用いて補い、潜在的な買い圧力と売り圧力を計り、売買サインを出す「Ultimate=究極」のインジケーターと呼ばれています。

続きを読む

9月はアメリカ大統領選挙キャンペーンと総額1億円キャンペーンを要チェック!

9月のキャンペーンの注目はみんなのFXとゴールデンウェイ・ジャパン。
みんなのFXは米大統領選を予測するキャンペーン。
毎月恒例のハッピーフライデーに合わせてハッピーアワーキャンペーンも開催中。
ゴールデンウェイ・ジャパンは総額1億円のキャンペーンとツイッターとの連動キャンペーンを開催しています。
LINEFXのお得な先着キャンペーンも期間延長で開催中です。

続きを読む

売買圧力でチャンスを知るエルダー・レイの使い方

FXでトレードを開始する際、買い圧力や売り圧力が現在どの程度あるのかが分かると戦略が立てやすくなります。
その際に便利なのがエルダー・レイというテクニカル指標です。
MT4標準のインジケーターとして付属する「買い圧力」と「売り圧力」を表すインジケーターをサブウインドウに一つのインジケーターとして表示する指標がエルダー・レイです。
今回その、エルダー・レイについて詳しく解説いたします。

続きを読む

x
Scroll Up