twitter instagram

売買圧力でチャンスを知るエルダー・レイの使い方

FXでトレードを開始する際、買い圧力や売り圧力が現在どの程度あるのかが分かると戦略が立てやすくなります。
その際に便利なのがエルダー・レイというテクニカル指標です。
MT4標準のインジケーターとして付属する「買い圧力」と「売り圧力」を表すインジケーターをサブウインドウに一つのインジケーターとして表示する指標がエルダー・レイです。
今回その、エルダー・レイについて詳しく解説いたします。

続きを読む

エントリーポイントや決済ポイントとしても使えるインジケーターMACD

テクニカル分析する上で助けになるインジケーターは沢山ありますが、FXを始めて間もない人でも必ずと言ってよいほど一度は組み込むテクニカル指標、移動平均線(Moving Average)。
その移動平均線を元にして作られ、相場への反応が早いオシレーター系インジケーターがMACDです。
今回、MACDの使い方を解説いたします。

続きを読む

円高?円安?通貨による差が顕著だった7月の為替相場

新型コロナウィルスの猛威は収まるどころか、7月に入り感染者数は、一段と増えてしまっている状況です。
新型コロナの影響が顕著だった3月には、為替相場は大きく円高方向に進みましたが、その後、4月・5月と為替相場はだいぶ円安に戻りました。
しかし、6月には円安の勢いがだいぶ薄れ、7月には、一時大きく円高に進む局面もありました。
では7月の為替相場はどういう動きをしたのでしょうか?
7月の米ドル円・ユーロ円・豪ドル円の動きをおさらいしておきましょう。

続きを読む

x
Scroll Up