twitter instagram

【株取引体験談】信用取引の両側面


信用取引は、リターンも大きいですが、リスクには注意しなければなりません。
良い部分と悪い部分両方の意見を参考にしてみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

信用取引を行なうことで少ない元手で短期間に大幅な収益を上げる事ができます。
最近では多くの方が自分の資産運用に関して興味を持ち、株式やその他の金融資産に投資を行っています。

しかし、最近の相場は非常に変動幅が大きく少しの判断ミスで損益が大変大きなものとなります。
株式の中でも信用取引は大変人気の高い投資方法です。
元手の約3倍の資金を投下できますので、短期間に大変多くの収入を得る事ができますので、自分らしい投資をどんどん行っていきましょう。  

売りでも勝負がかけれるのが信用取引の素晴らしい所です。
相場の急落や変動で二倍の収益のチャンスがありますので、投資をどんどん楽しんでいく事ができます。

売り買い双方で収益を上げる事ができるというのは大変嬉しい事ですし、安心して機動的な売買を行えます。
一つのミスに固執して新たな収益のチャンスを逃すのが相場のもったいない所です。

楽しんで投資を楽しむには早急な損切りと次のチャンスをどんどんものにする気持ちが大事です。
きちんとした哲学をもって行なっていけば長期的に大きなリターンを得る事ができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式取引を始めた当初から信用取引をしようと考えることはあまりないでしょう。
しかし、株式取引を始めて慣れてくると信用取引がいかにも魅力的に見えてくるのも事実です。
信用取引のリスクも嫌というほど知っていても魅力的に思うのはある意味では仕方がないと言っていいかもしれません。

私もそうでした。
株式取引をしている人間は損をすることなど考えながらしている人はほとんどいないですから、信用取引によって利益が3倍に跳ね上がることしか考えていません。
利益が3倍になる可能性があるということは損失も3倍になることもあるということに他ならなないのですが、損失のことはほとんど気にしていません。

それに、信用取引のうちで信用売りをして儲かった時には何か信用買いよりも強い勝利感を感じることが多いこともあります。
株式取引はどのような時でも損失に対する備えが必要ですが、信用取引では損失に対する備えがなぜかおろそかになっていることが多いので、信用取引は株式取引に自信がない以上はやめておいた方が良いでしょう。

 


x
Scroll Up