twitter instagram

【株取引体験談】株取引赤字スタート


ビギナーズラックで美味しい思いをする人もいますが、多くの初心者は株を初めて間もない頃にマイナスを経験します。
そこでやめてしまうか乗り切るかは自分次第。
初心者は失敗して当たり前です。
自分の失敗だけでなく、他の人の失敗からも学ぶことで、経験値は2倍3倍になるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年末からネットを通じて株取引を始めた初心者です。
本を読んだりしてどんなものかを知り、早速始めてみようという事で、まずは低価格な株からとスクリーニングの条件に5万円以下で設定して検索し、購入してみました。

年末年始という事もあり取引をする人も少ないだろうから、そう大きな動きはない。
手持ち株の値動きを眺めながら勉強してみよう、と高を括っていました。
今にしてみればこの考えが甘かったようです。  

確かに、取引に手を出す人は少なくなったようですが、その前に利益確定売りという事で大量に売られ日経平均が下がり続け、それに引っ張られるように手持ちの株価が急落。  

利益確定売りというだけならと、反落を期待してそのまま年明けしてみれば、外的要因が重なってしまい珍しいほどの日経平均下落の連続に巻き込まれてしまいました。

仕事中にあっという間に下がり、気が付けば損切として逆指値で指定していた価格で売られていきなりの赤字スタートとなりました。
株取引挑戦の初っ端から大きな授業料を支払った気分です。


x
Scroll Up