twitter instagram

【株取引体験談】株主優待から株式投資に入った私

株式の魅力の一つが株主優待です。
持っているだけでもプラスになるのが株主優待と配当金。
業績によって金額が変わる配当金と違い、株主優待の廃止はそう頻繁には起こりません。
優待があることで、株取引にも余裕が生まれたという声をご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式投資の中で株式投資初心者でもとっつきやすいものは、なんといっても株主優待を実施している企業への投資ではないでしょうか。  

このような企業への投資は、うまくいけば配当金に値上がり益に株主優待がもらえるたいへんおいしい投資先だと思います。
私も株式投資に興味もち、実際に株式投資を始めたきっかけも株主優待に惹かれたからです。

私が株式投資を始めたばかりのころは、日経平均株価はまだ1万円をはるか下回る水準で、株式の配当利回りも5%を超える企業も探せばまだ何社もあり、いわばバリュー投資家がよだれをたらして投資先を選ぶには最高環境でした。
私は株主優待を実施している企業の株式を購入し、株価が下がっても今の株主優待を実施している間は売らないおこうと思って投資を始めました。  

私が投資を始めてからも株価は下がりましたが、株主優待と配当金でその下落に耐えました。
その後アベノミクスでどの株式も上昇し、すべてが含み益の状態まで回復したのです。  

しかし、株式を売ったことがない私は株価がどこまで上昇するか分からなかったので、適当なところで株式を売ってしまい、その後の株価の上昇で悔しい思いをしました。

x
Scroll Up