twitter instagram

LINE@ FX白熱教室 2月6日「トランプ大統領の一般教書演説の行方」

こんばんは。

日本時間の6日11時から行われたトランプ大統領の一般教書演説。
注目は年明けの政府機関の閉鎖のもとになったメキシコの壁についてです。

メキシコとの国境の壁建設の予算を捻出するために、非常事態宣言をするのではないかと言われていましたが、今回の演説では非常宣言を出すには至りませんでした。
しかし、国境の壁の重要性はしっかりと訴え、各党派への協力を訴えています。

今月15日には再び暫定予算が失効します。
15日までに国境の壁を巡る問題をどう解決させていくのか、再び政府機関の閉鎖があるのか、今後の株価や為替にも影響がある部分です。

今は膠着状態のため、為替も動きが少なくなっていますが、2月の後半にはまた新たな動きがあるかもしれません。
引き続き注目していきましょう。

x
Scroll Up