twitter instagram

LINE@ FX白熱教室 2月22日「動きの少ない相場の過ごし方」


こんばんは!

先週に引き続き、今週も相場は大きな動きのないまま週末を迎えそうな気配です。
このように、どちらに動くかわからない方向感のない相場のときは、どのような方針を取りますか?

相場には、「売る」「買う」だけでなく「休む」という局面があると言われています。
動きが読みづらい相場のときは、あえてポジションを取らずに休むのも一つの方法です。

また、このような膠着状態の際に注目したいのがスワップポイントです。
スワップポイントは保有しているだけで利益が出る金利差。
特に米ドル/円のスワップポイントは安定して高いので、ポジションを持っているだけで利益が出る場合も多いです。
ただし、年始のフラッシュ・クラッシュのように急激な値下がりがあった場合は、スワップポイントを上回る損失を出してしまうため、スワップポイント狙いの場合も相場の動きには注意を払っておきましょう。

来週もまだまだ相場の動きは少ないと予想するトレーダーも。
こんなときは焦らず、次の動きに備えておきましょう。


x
Scroll Up