twitter instagram

LINE@ FX白熱教室 2月27日「テクニカル分析って?」

こんばんは。
FXの相場を読み取るために欠かせないテクニカル分析。
過去のデータをもとに相場の動きを予測する手法です。

客観的にデータを読み取ることで、相場を予測することができるので、政治や経済の動きに左右されるファンダメンタルズ分析とは違った観点で相場の動きを読むことができます。

チャートを見ているときに必ず目にする移動平均線も、テクニカル分析を行う上での重要な指標です。
他にも、ボリンジャーバンド、MACD、一目均衡表などは、上昇トレンドなのか下降トレンドなのかの判断材料になるため、トレンド系と呼ばれる指標です。
これらの指標は多くのサイトでチャートを見る際にオプションで表示ができます。

トレンド系とは別にもう一つの指標がRSIに代表されるオシレーター系と呼ばれる指標です。
今の相場の状況を数値で表すことで、買われすぎなのか売られすぎなのかを示すものとなります。

以前にお伝えしたローソク足を使った分析と合わせてチャートの分析には欠かせないテクニカル分析もぜひ勉強してみてくださいね!

x
Scroll Up