twitter instagram

FXを始める際に必要な資金はいくら?知っておくべきポイントとは

FXを始めてみようと思い立ったときに気になるのが必要となる資金です。
最低資金はどれくらいから始められるのか、取引をするのにベストな資金はどれくらいなのか、すでに口座を開設した人もこれからの人も是非知っておいてほしい知識です。

必要証拠金

FXは各会社により、必要証拠金という取引を行う際に入金しておくことがが必要な資金が決まっています。

通常必要証拠金は取引をする際に必要となる資金とイコールになることがほとんどです。

必要資金は、

取引額(取引単位 × レート) × 1/レバレッジ = 必要資金(≒必要証拠金)

となります。
レバレッジは最大25倍までかけることが可能なので、取引額の25分の1の額が入金されていることが取引の最低条件となります。
1000通貨の取引を1ドル100円のレートで行う際の取引額は10万円。
25倍のレバレッジの場合は4000円が必要証拠金となります。

証拠金維持率と有効証拠金

取引を始めてから気にしなければいけないのは損切のタイミングです。
強制的に損切がされてしまうロスカットや追加の入金が要求されるアラートの判定に使われるのが証拠金維持率です。
ロスカットやアラートは証拠金維持率が100%を割ると対象になることがほとんど。

証拠金維持率は

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金

で算出されます。
有効証拠金とは、その時点での資産の損益を合わせた資産合計です。

1ドル100円のレートで1000通貨の取引をするために必要な金額は10万円。
レバレッジは最大25倍なので、最低必要証拠金は4000円になります。
4000円口座に入れた状態で取引を行うと、

口座の4000円(有効証拠金)÷ 4000円(レバレッジ25倍の際の最低必要証拠金)

となり、証拠金維持率は100%です。
この場合、レートが変化して含み損が出た時点で有効証拠金が4000円よりも少なくなるため、証拠金維持率は100%以下になってしまい、アラートやロスカットが発生する危険性が出てきます。

これを防ぐためには、必要証拠金よりも多めに口座に入金して有効証拠金を増やしておくことです。

初心者におすすめの入金と取引単位のバランスとレバレッジ

では初心者はどのくらいの金額を資金として用意しておくのが良いのでしょう。

目安として、証拠金維持率を300%くらいにしておくと安心してロスカットのリスクがだいぶ減ると言われています。
300%をキープするためには、先程の例(1ドル100円のレートで1000通貨の取引)だと

12000(有効証拠金)÷ 4000円(レバレッジ25倍の際の最低必要証拠金)

が300%となり、12000円程度の入金額がおすすめとなります。

この場合のレバレッジは約8倍。
25倍のレバレッジはハイリスクなので、多くても10倍前後のレバレッジになるように入金額と取引額のバランスをとっておくことをおすすめします。

長期取引の場合はさらにロスカットのリスクが増えるので、レバレッジを2倍程度に留められるよう多めに入金しておきましょう。
1ドル100円のレートで1000通貨の取引の例だと、レバレッジ2倍の場合は5万円の入金が必要となります。

最小取引単位

もう一つ知っておかなければいけないのが、各会社ごとの最小取引単位です。

例えば、証拠金維持率を考慮してレバレッジ10倍で、1ドル100円のレートで取引を行う場合、

最小取引単位1000通貨の会社であれば、最低資金は

100(レート)×1000(通貨単位)× 1/10(レバレッジ) =10000

となり、1万円です。

これが最小取引単位1万通貨の会社になると

100(レート)×10000(通貨単位)× 1/10(レバレッジ) =100000

と、最低でも10万円の資金が必要となります。

初心者が取引する上で、最小取引単位は小さいに越したことはありません。
1000通貨の最小取引単位を設けているところであれば初心者にも取引がしやすいでしょう。

最小取引単位は各会社のHPに掲載されているので、口座開設前にはぜひチェックしておきましょう。
最小取引単位で選ぶおすすめ会社(http://bit.ly/2WtiEGv)も参考にしてみてくださいね。

まとめ

FXの取引を行う際に知っておきたいのが証拠金維持率。
FXの魅力はレバレッジにより少ない資金で取引ができるところですが、レバレッジが大きければ大きいほど、ロスカットによる強制損切のリスクが高くなります。
ロスカットを避けるために、ある程度は資金を入金しておき、証拠金維持率を上げておくことで、レバレッジを抑え、ロスカットのリスクを減らすことができます。

また、少ない資金で証拠金維持率を上げるためには、取引単位を小さくすることも重要です。
FX会社毎の最小取引単位にも注目しておきましょう。

x
Scroll Up