twitter instagram

新型コロナウイルス「COVID-19」と為替レートへの影響

世界中で感染者が増加している中国を発生源とした新型コロナウイルス「COVID-19」。
この新型ウイルスは為替レートへどのような影響を及ぼしていくのでしょうか。
「世界的なウイルス拡大」という材料に対してどのように対応すべきか迷っている方は、チャートの値動きの妥当な解釈方法について理解を深め、今後のトレード戦略構築に役立ててみて下さい。

新型コロナウイルス「COVID-19」の概要

中国湖北省武漢市を発生源とした新型コロナウイルスは2020年1月21日頃から本格的に感染拡大が懸念され始め、中国では感染拡大防止のために武漢省が封鎖される事態になりました。
現在このウイルス感染拡大に歯止めをかけるため、中国では団体による海外渡航の禁止・新型ウイルスの発生源である武漢市の封鎖などを実施。
日本政府も武漢市を含む湖北省への「渡航中止勧告」の発令・新型ウイルス感染症対策本部の開催・武漢市に滞在する日本人の帰国支援のためのチャーター機の手配などを行っています。

感染者の推移

このように、世界各国で感染拡大対策が取られる新型ウイルスですが、世界保健機関の発表では、下記のように感染者数が拡大しています。

参考:WHO「Novel Coronavirus (2019-nCoV) situation reports」を元に作成

WHOでは1月20日から世界の感染者数が発表されていますが、記事作成時の2月4日まで一貫して感染者は増加。
赤で表示した前日比の増加数も日を追う毎に増加しており、2003年に世界中で感染が拡大したSARSの感染者数8,096人を大きく上回る人数になっています。

予測されている世界経済への影響

新型ウイルスの世界経済への影響について、国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事は、2月3日の発表で「世界景気に短期的な影響をもたらす可能性がある」とし、主要国の中央銀行には2020年中は金融緩和を維持すべきと声明を発表。
その根拠として、中国経済が世界GDPに占める割合が、SARSが流行した2003年の4%に比べて18%に拡大していることに言及しています。

また日本経済への影響については、野村総合研究所が新型ウイルスによって7760億円分の経済的な影響が生じ、2019年比で0.14%GDPが下落すると予想しています。

為替レートへの影響

では、このような新型ウイルスの世界的な感染の拡大は外国為替相場にはどのように影響しているのでしょうか。

結論からお伝えすると、多くの通貨ペアで「リスクオフ」相場となっており、米ドルや日本円などの「逃避通貨」に買いが集まっています。

実際のチャートを確認して、取引量が多い米ドル円とユーロ円の値動きを見てみましょう。

◆米ドル円◆

この見出しの冒頭で米ドルと日本円は、共にリスクオフ相場で買われる「逃避通貨」と紹介しましたが、米ドル円の通貨ペアではリスクオフ相場では日本円が買われます。

そのパターンの通り、ウイルスの感染拡大が本格的に懸念され始めた1月21日から陰線が続き、過去に大きな買いエントリーが入り反転上昇が見られた108.30〜108.40円水準までレートを下げています。

その後は、2月3日までに発表された情報は全て「織り込み済み」になり、反転上昇しています。

◆ユーロ米ドル◆

ユーロ米ドルは米ドルを含む通貨ペア「ドルストレート」なので、リスクオフ相場では米ドルが買われ、レートが下落します。

今回も1月21日に大きな上ヒゲを付けた陰線に始まり、過去に反転上昇となった1.1000米ドルまでレートを下げました。

まとめ

新型ウイルスの感染拡大という材料は、テロや主要国による軍事衝突と同様に予見が難しいです。
関連する新たな情報をいち早く入手するためにも、最新ニュースは常にチェックしておきましょう。
最新ニュースのチェックにはニュースアプリなども便利です。

ニュースアプリのダウンロードはこちら
FXニュース速報まとめ

また、突発的なニュースの際は経済への影響を正確に測るのが難しいため、投資資金が引き上げられたり、逃避通貨に買いが集まる「リスクオフ相場」を形成します。

その中で、下落トレンドに追随するか、下落一服後の反転上昇から利益を取りに行くかは、日足チャートで過去に強く意識されたレートを確認してから判断してみましょう。

チャートのみやすさで評判のよいFX会社はこちら

ゴールデンウェイ・ジャパン

多方面からの分析データや予測チャート、豊富なコラムなどさまざまな角度からトレードを分析が可能

FXTF AUTO468x60

DMM.com証券

使いやすいスタンダードツールに加えてカスタマイズ可能なプラスツールも用意されているので、初心者も上級者も使いやすいチャート画面

DMM FX

 GMOクリック証券【FXネオ】

ツールバーでレートをいつでもレートをチェックできるツールやスマートウォッチ対応などユーザー目線でのツールが評判

預かり資産No.1

 

x
Scroll Up