twitter instagram

3本の移動平均線をワニの口に見立てる「Alligator」でトレンドを判断


MT4に標準で搭載している「Alligator」を知っていますか?
アリゲーターは三本の移動平均線を、ワニの唇・歯・顎に見立てて、エントリーポイントと最適なクローズポイントを見つけてくれます。
今回はAlligatorの設定方法と有効的な使い方を解説します。

Alligator(アリゲーター)の紹介

AlligatorはMT4の標準インジケーターとして、「ビル・ウイリアムス」グループの中に登録されています。
アリゲーターの由来は、パラメーター日数の異なる3本の移動平均線をそれぞれ、LIPS(唇)・TEETH(歯)・JAWS(顎)と見立てていることです。

上昇の局面では、この口がLIPS・TEETH・JAWSの順に並んで開いたポイントをパーフェクトオーダーとし、利益を取ります。
下落の局面の場合は逆になり、上からJAWS・TEETH・LIPSの順に並びます。
トレンドの始まりと終わりを見極めるのに最適な、トレンドフォロー型のテクニカル指標です。

Alligatorをチャートに表示させる方法

MT4を起動させて、トレードをする通貨ペアを表示させて下さい。

<AlligatorをMT4に描画させる方法>

メニューバーの「挿入」⇒「インディケータ」⇒「ビル・ウイリアム」⇒「Alligator」をクリックします。
その後、設定ウインドウが表示されます。

<Alligatorの設定>

ジョーズ期間(顎):移動平均線の期間/13、表示移動:ローソク足8本右にずらす設定にしています(ジョーズ)
ティース期間(歯):移動平均線の期間/8、表示移動:ローソク足5本右にずらす設定にしています(ティース)
リップス期間(唇):移動平均線の期間/5、表示移動:ローソク足3本右にずらす設定にしています(リップス)

種別:Smoothed(平滑移動平均、SMMA)他には、Simple・Exponential・Linear Weightedが選べます。
適用価格:MedianPrice(HL/2)高値と安値を足して割った値です。
他には、開始価格・高値・安値などが選べます。

色と線の種類の設定は任意です。

<表示移動の画像>

アリゲーターの先端は画像のように、右側にずらして描画されています。
JAWS :8本分
TEETH:5本分
LIPS:3本分

MT4が使えるゴールデンウェイ・ジャパンの口座開設はこちらから!→ゴールデンウェイ・ジャパン

FXTF AUTO468x60

Alligatorの使い方

上記チャートはEUR/USD1時間足にAlligatorを描画させています。
①の黄色●位置でJAWS(顎13日)・TEETH(歯8日)・LIPS(唇5日)と並び、アリゲーターの口が開きダウントレンドが始まります。
ここでショートエントリーをします。

その後桃色●位置で3本の線が重なり口が閉じ、トレンド終了の合図となりますので、ここでクローズをします。

②の黄色●位置でLIPS(唇5日)・TEETH(歯8日)・JAWS(顎13日)と並び、アリゲーターの口が開きアップトレンドが始まります。
ここがロングエントリーのタイミングです。

さらに桃色●位置で3本の線が重なり口が閉じ、トレンドが終了しますのでクローズをします。

トレンドの発生と、終了が分かり易く、トレンドに乗れますと大きく利益が取れます。
上記チャートの例では、ショートエントリー・ロングエントリー共に、100pips程度の取得が出来ます。

Alligatorの欠点

Alligatorの欠点は、エントリーポイントが遅くなる傾向が有ります。
前項で使いましたEUR/USD1時間足チャートにMACDも加えました。

①のエントリーポイントでは、MACDとシグナルのデッドクロスポイントでショートエントリーをするのと、Alligatorの初動ポイントでショートエントリーするのでは37pipsの開きがあります。
②のエントリーポイントでは、MACDとシグナルのゴールデンクロスポイントでロングエントリーをするのと、Alligatorの初動ポイントでロングエントリーするのでは69pipsの開きがあります。

エントリーの遅さを埋めるのに、MACDとの併用は有効といえます。

まとめ

3本の移動平均線の変化を、ワニの口が開く形に例えて名付けられたAlligator。
トレンドが出ている時には、流れに乗りますと大きく取れる可能性が高い、トレンドフォロー型のインジケーターです。
弱点は、ボックスタイプのレンジ相場では、役に立たないことです。

逆の見方をしますと、レンジ帯ではエントリーをせず、抜けた方に付いて行くという、トレードのセオリーを忠実に守ることができ、ポジポジ病を抑えるのに効果があるかもしれません。
そして、エントリーポイントの遅さは、MACDでカバーをすると効果的であることも書きました。

アリゲーターに興味を持たれましたら、長期の過去チャートにて検証をされてからご利用することをおすすめします。

過去の為替レートなどのヒストリカルデータが取得できるFX業者はこちら

マネーパートナーズ

株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

ヒロセ通商

FX
 
白熱教室では毎週金曜朝7時にメルマガを配信しています。
トレードに役立つコラムや経済ニュースを載せていますのでぜひご覧になってくださいね。
メルマガの登録はこちらから

メルマガ詳細

 

x
Scroll Up