twitter instagram

レンジ相場で使える!売られ過ぎ買われ過ぎを教えるDeMarker


FXのテクニカル分析をする際には、相場の勢いを知ることは重要です。
その際に多いのが、オシレーター系のインジケーターを使った分析です。
中でも、売られ過ぎ買われ過ぎを教えてくれる、RSIやストキャスティクスは非常に人気があります。
今回はオシレーター系インジケーターの中では余り知られていませんが、RSIやストキャスティクスよりも相場状況に敏感に反応する「DeMarker(デマーカー)」を紹介したいと思います。

DeMarker(デマーカー)を解説

マーケット・スタディーズ社の社長であり、チャート分析に関する多数の書籍を出し、世界中の投資セミナーにも定期的に登場する、トーマス・R・デマーク氏(Tomas R DeMark)により開発された、オシレーター系のテクニカル指標です。
動作はRSIと非常に似ており、売買のサインもほぼ同じ形で行いますが、計算式の違いにより、DeMarkerの方が価格変動への対応が敏感なため、描画されるラインも大きく反応をします。

DeMarkerの表示方法

MT4を起動させて、トレードをする通貨ペアを表示させて下さい。

メニューバーの「挿入」⇒「インディケータ」⇒「オシレーター」⇒「DeMarker」をクリックします。
その後、設定ウインドウが表示されます。

DeMarkerパラメーターの設定

期間:14日(オシレーター系では14日間を使用するケースが多いです)
スタイル:線種とカラーは見やすいよう設定します
下限設定は「0」上限設定は「1」にします。
レベル表示は0.3と0.7に基準線を引き売買のサインに利用します。
通貨ペアなどにより基準線を0.2と0.8に変更することも出来ます。

DeMarkerの計算式

DeMarkerの計算式は以下のとおりです。

DeMarker = 100 × demaxのN日単純移動平均 ÷ (demaxのN日単純移動平均 + deminのN日単純移動平均)

DeMax = 高値 > 前日高値の場合は(高値 – 前日高値)、それ以外は0
DeMin = 安値 < 前日安値の場合は(前日安値 – 安値)、それ以外は0
N=10~20日の期間を指定します(今回は14日を指定しています)

定めた期間の最大値と1つ前の期間の最大値を比較します。
もし現在足の高値が前よりも高ければ、それぞれの差が加算されます。
もし現在の高値が低い、もしくは前の期間の高値と同じなら、0が加算されます。
N期間から得られる差を合計します。
得られた値はDeMarkerの分子として、現在値と1つ前の差を合計した同じ値で割ります。
もし現在の安値が1つ前の足の安値よりも高ければ、結果は 0 です。

DeMarkerを使用した売買方法

■DeMarkerの売買ルール
・DeMarker基準ラインが0.7を上抜き推移していたラインが0.7を下抜いたら、売サインになります。
・DeMarker基準ラインが0.3を下抜き推移していたラインが0.3を上抜いたら、買いサインになります。
・DeMarkerが安値圏でコンバージェンスが発生しましたら、強い買いのサインになります。
・DeMarkerが高値圏でダイバージェンスが発生しましたら、強い売りのサインになります。

※コンバージェンス:価格は下がり続けているが、DeMarkerは上昇が始まり価格とDeMarkerが収縮した状態
※ダイバージェンス:価格は上がり続けているが、DeMarkerは下落が始まり価格とDeMarkerが乖離した状態

DeMarkerとRSIを比較

下記画像はEUR/USDの1時間足チャートを使いDeMarkerとRSIを比較したチャート画像です。

中断の黄色がDeMarkerのラインで、下段の赤色がRSIのラインです。
青色●位置は基準ラインに到達した場所です。
赤色●位置は基準ラインに届かない位置です。
基準線に対して、①②ではDeMarkerとRSIほぼ同じ位置で反応をしめしています。
RSIは③の位置ではDeMarker よりも9時間早く基準線30を上抜いています。
④の位置ではDeMarkerは6時間遅れて、基準線を下抜いています。
⑤の位置ではRSIは基準線30に届いていません。

まとめ

MT4に標準搭載している無数のインジケーターの中でも比較的マイナーな、売られ過ぎ・買われ過ぎを描画するオシレーター系指標のDeMarkerを解説してきました。

特徴としてはRSIやストキャスティクスに比べて過敏に反応をする為、狭い値幅で売買をするレンジ帯などに利用すると効果的かと思います。

他には今回記載できませんでしたが、同じくトーマス・R・デマーク氏が開発したTDシーケンシャルとの相性が良いとも言われています。

MT4が使えるFX会社はこちら。

ゴールデンウェイ・ジャパン

FXTF AUTO468x60

こちらのFX会社でもDemarkの名称でインジケーターが搭載されています。

SBI FXTRADE

SBI FX
 
白熱教室では毎週金曜朝7時にメルマガを配信しています。
トレードに役立つコラムや経済ニュースを載せていますのでぜひご覧になってくださいね。
メルマガの登録はこちらから

メルマガ詳細

 

x
Scroll Up