twitter instagram

トレンドを描くインジケーターASIでトレンドの指針を探る


表示される振幅の加減でトレンドや、相場の強弱を教えてくれるSI(スイング指数)は、前日と当日の始値・高値・安値・終値の4本値を比較して、計算式により導かれます。
描画されるSIラインは振幅の上限で買われ過ぎ、下限で売られ過ぎと判断します。
そして、ASI(累積スイング指数)はSI(スイング指数)で出て来た値を累積合計したものになります。

ASIとは

ASI(Accumulative Swing Index=累積スウィング指数)は、ウェルズ・ワイルダー氏 (Welles Wilder) が考案しました。
SI(スイング指数)の様に単純に上限に近付くと買われ過ぎ、下限に近付くと売られ過ぎと判断するのでは無く、トレンドを描いていくインジケーターとして利用します。

過去の最高値と最安値を中期間、或いは長期間のチャート上で分析し、計算式から導かれるASIのラインは、一時的な価格の乱れから表示される細かなノイズ(振幅)が省かれ比較的単純な表示となります。
その為、ローソク足よりもラインの曲線が滑らかで、トレンドの分析もし易いです。

ASI(累積スイングインデックス)にトレンドラインを引くことで、より方向性や強弱が見分け易くなります。
そして、トレンドラインのブレークで売買のサインとし、高値の更新に安値の更新、また、ダイバージェンスも現れますのでトレードの指針になります。
後ほど、見方や扱い方を詳しく解説いたします。

MT4でのASIとSIの設定方法

ASIはMT4の標準インジケーターには含まれていません。
利用する場合は下記からダウンロードをする必要があります。

■累積スウィング指数(ASI.mq4)のダウンロード
https://www.abysse.co.jp/mt4/indicators/ASI.mq4

詳しいダウンロードの方法はこちら
FXで役に立つインジケーターMT4を使いこなす!

ダウンロードが完了したら、ファイルマネージャー内の「MQL4」フォルダー>「Indicators」フォルダーにASI.mq4を保存しておきます。
MT4を再起動させたら、「ASI」を選んで、利用したい通貨ペアのチャートへドラッグアンドドロップしてください。

設定ウインドウ(ダイアログボックス)が開きます。

変数の値に300が入っている事を確認してください。
色の設定は任意です。

■スイング指数SI(MTF_SwingIndex.ex4)のダウンロード
http://mt4indifx.up.seesaa.net/mt4/MTF_SwingIndex.ex4

こちらもフリーインジケーターですので、ダウンロードをして下さい。
ダウンロード後、ナビゲーター内に「MTF_SwingIndex.ex4」が有りますので、利用したい通貨ペアのチャートへドラッグアンドドロップしてください。
設定ウインドウ(ダイアログボックス)が開きます。

パラメータータブの30pipsになっている事を確認してください。
変動率の大きい通貨ペアでは数値を大きめに変更した方が見やすくなります。

SIとASIの売買サインとエントリー方法

チャートのトレンドラインと同様に、ASIにトレンドラインを引き、ブレイクアウトの確認に用います。
その時にSIのスイング加減も確認してエントリーポイントにします。

<売買サイン>
ASIのラインが上昇トレンドの下値支持線を下抜けた時→売りサイン
ASIのラインが下落トレンドの上値抵抗線を上抜けた時→買いサイン

ASIとローソク足との間にダイバージェンスorコンバージェンスが現れた場合は、反転サインと見ます。
SIは細か過ぎる振幅を繰り替えしますので、ラインの上下動だけでは売買は難しいです。
ASIと組み合わせて売買ポイントを見つける事が肝心です。

上記はUSD/JPY1時間チャートです。
サブウインドウ中断がASIラインで下段がSIラインで表示させています。
SIは上昇時がグリーンになり下落時が赤になる設定にしています。
①青●買いサイン
ASIのラインが、下落トレンドのレジスタンスラインを上抜けた①の青●が買いサインになります。
ローソク足に引いたトレンドラインの方が①を超えるのに1時間遅く表示されています。

②の青●売りサイン
ASIのラインが、上昇トレンドのサポートラインを上から下に抜けた②の青●が売りサインになります。
今回もローソク足に引いたトレンドラインの方が②を割るのに1時間遅く表示されています。

まとめ

ASIはSIの累積合計したものになり、今回、見方や使い方を解説してきました。
1時間足でSIと組み合わせて使い検証をしてみましたが、トレンドラインが大き過ぎたため、SIの振幅は細かい描画になり役目をしませんでした。
短期足での方が、SIは効果が表れると思います。
画像では分かり辛いですが、ローソク足に引いたラインよりも、ASIに引いたラインの方が早く売買サインが現れます。
ASI&SIを利用される際は、広範囲で検証をされた後にお使いください。

<MT4を使えるFX会社はこちら>

ゴールデンウェイ・ジャパン

FXTF AUTO468x60
 
 
☆☆☆
白熱教室では毎週金曜朝7時にメルマガを配信しています。
キャンペーン情報のほか、トレードに役立つコラムや経済ニュースを載せていますのでぜひご覧になってくださいね。
メルマガの登録はこちらから

メルマガ詳細

 


x
Scroll Up