twitter instagram

トレンドの転換点を見極める「Fractals(フラクタル)」


MT4に標準で搭載されているテクニカル指標に「Fractals(フラクタル)」があります。
Fractalsインジケーターは高値安値にマークを付けて、転換点を見極める役目として使えるイメージですが、他にもマークを繋いでトレンドラインを引くことが出来、更にマークされた位置がサポートレジスタンスの役目にもなります。
その上、エリオット波動やフィボナッチリトレースメントの、基点にもなります。
今回、Fractalsインジケーターの紹介と使い方を解説いたします。

Fractalsインジケーターとは

Fractalsインジケーターはアメリカの投資家であり、為替市場の取引における取引心理学やテクニカル分析の著述も多数あるビル・M・ウィリアムズ氏(Bill M. Williams)が開発を致しました。
トレンドの転換点を確認するのに大いに役に立ちます。

Fractalsをチャートに表示させる方法

MT4を起動させて、トレードをする通貨ペアを表示させて下さい。

メニューバーの「挿入」⇒「インディケータ」⇒「ビル・ウィリアムズ」⇒「Fractals」をクリックします。
その後、設定ウインドウが表示されます。

設定ウインドウは色の設定と、表示選択しかありません。
色は任意に変えられます。
線種は太くしますと描画されるマークが大きくなります。

Fractalsの使い方

上記チャート画像を見ますと、売買サインとなりそうな三角マークが沢山現れていて使えそうに見えます。
このチャート画像を元に、Fractalsインジケーターの使い方を解説いたします。
フラクタルが表すパターンは、5本のローソク足で構成され、相場の反転パターンの1つを意味します。

Fractalsの確定

■Fractal up(弱気のフラクタル)
ローソク足5本の中で3番目が、一番の高値でマークが付きます。
5番目のローソク足が確定した時に上向き▲マークが描画されます。
■Fractal down(強気のフラクタル)
ローソク足5本の中で3番目が、一番の安値でマークが付きます。
5番目のローソク足が確定した時に下向き▼マークが描画されます。

フラクタルが完成して矢印が表示されるには、フラクタルの右側の2本目⑤のローソク足が確定するのを待つ必要があります。
そのため、トレードの売買シグナルとして使うのには、描画されるのが遅過ぎます。

また、1分などの短期足で使うよりも、中長期足で使う方が転換点のシグナルとして信頼度が高くなりますが、日足で使った場合に、転換点としての三角マークが描画されるのが2日後となり、タイムリーとは言えません。
エントリー用の売買サインとしては非常に遅くなり、相場の様子は変わっている可能性もあります。
では、使えない指標かと言いますとそうでは無く、サポレジラインやトレンドラインの役目をしますのでチャート分析時に大いに役立ちます。

サポレジの役目をするFractals

「Support and Resistance」というテクニカル指標が有りますが、このインジケーターは、Fractalsを基に作られております。
下記チャート画像をご覧ください。

赤色が高値レジスタンスライン、青色が安値サポートラインになります。
赤色レジスタンスラインを上抜いたら、ロングエントリーをし、跳ね返されたらショートエントリーをするという使い方が出来ます。
青色のサポートラインも同様に使うことが出来ます。

エリオット波動やフィボナッチリトレースメントの基点になるFractals

Fractalsの三角マークはエリオット波動やフィボナッチリトレースメントの基点として機能をします。
下記日足チャート画像をご覧ください。※Elliott_zigzagを使用しています

白色枠内はエリオット波動の推進波・修正波の基点にFractalsの三角マークは合致しております。
赤色枠内はフィボナッチリトレースメントの基点としてFractalsの三角マークが役目をしております。

Fractalsの三角マークを繋いでトレンドライン

Fractalsの三角マークを繋ぐことでトレンドラインとして機能をします。
下記チャート画像をご覧ください。

ユーロ/ドルの1時間足チャートで三角保ち合いの相場を抜けたシーンです。
キレイなラインが引かれ、相場を抜けたことがわかりやすくなります。

まとめ

Fractals三角マークは相場の反転パターンを表しますが、マークが表示されるのは2本先に進んだ後になります。
エントリーやクローズのサインとして使うのには、描画されるのが遅くなり不適格です。
使い方としては、サポレジラインやトレンドラインを明確にしてくれる、補助ツールとしての使い方をすると良いでしょう。

<MT4が使えるおすすめのFX会社>

ゴールデンウェイ・ジャパン

FXTF AUTO468x60

<フラクタルの使えるおすすめのFX会社>

みんなのFX

みんなのFX
☆☆☆
白熱教室では毎週金曜朝7時にメルマガを配信しています。
キャンペーン情報のほか、トレードに役立つコラムや経済ニュースを載せていますのでぜひご覧になってくださいね。
メルマガの登録はこちらから

メルマガ詳細

 


x
Scroll Up