twitter instagram

初心者にもおすすめの自動売買ツール〜みんなのシストレ


(2020年3月30日修正)

忙しい人にも人気の自動売買ツール。
初心者も使いやすい手軽さと親しみやすい画面で人気なのが、トレイダーズ証券の「みんなのシストレ」です。

みんなのシストレ

トレイダーズ証券みんなのシストレ

みんなのシストレは自動売買プログラムを自分で選ぶ仕組みです。
一見敷居の高く感じる自動売買プログラムを、架空のトレーダーをフォローする形式で選択させているところが初心者にも入りやすいポイント。
実績などを見て気に入ったトレーダーをフォローし選択することでプログラムを決めるため、難しい仕組みは一切わからなくても自動売買をスタートすることができます。

また、プログラムだけでなく実在のトレーダーのトレードスタイルをコピーすることも可能。
ただし、トレーダーとプログラムでは、スプレッドや仕組みが異なります。
選択画面ではプログラムも実在のトレーダーも同様にランキングなどに並んでいるので、注意して見る必要があります。

さらに最近追加されたのが、リピート注文システム。

まだトルコリラ/円の取引のみですが、これから順次取引種類は増えていくそうです。当初はトルコリラ/円の取引のみでしたが、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円、米ドル/円、カナダドル/円、豪ドル/円、ニュージーランドドル/円、豪ドル/ニュージーランドドルの追加に加え、2020年2月28日(金)にユーロ/円、ポーランドズロチ/円、中国人民元/円、ユーロ/ポンド、ユーロ/豪ドルが追加され全13通貨ペアでの取引が可能になっています。

プログラム、トレーダー、リピート注文システム、これらはすべて「ストラテジー」と呼ばれています。

設定方法

どの仕組みでも設定方法は一緒。
ランキングの画面から好きなストラテジーを選んで投資数量を決めるだけです。
口座開設がまだの方はこちら→みんなのシストレ口座開設 みんなのFXの口座を開設し、マイページの入金画面からシストレ口座に必要な額を入金することもできます。

プログラムを選びたい場合は、ストラテジーを選ぶところでプログラム(ロボット)のマークだけをONにしておけばトレーダーは表示されないようになります。

収益率や合計損益など、それぞれの項目でランキング順を変えたり、詳細検索で通貨ペアや推奨証拠金などの範囲を指定して検索することもできます。

ストラテジーの選び方

セレクターの数で選ぶ

何を基準に選んだらよいかわからない場合は、とりあえず人気のストラテジーを選ぶのも良いでしょう。
使っている人が多いというのは評判もよいということ。
ランキングの「セレクター」の項目でソートすると、使っている人が多いストラテジーのランキングになります。

現時点でのセレクターランキング上位にいるのが「【USDJPY】テキストマイニングAI」のプログラム。
トレイダーズ証券の開発したオリジナルのプログラムです。
特徴はFX業界で初めて為替ニュースを判断材料にしていること。
膨大な世界の経済ニュースを踏まえたAIによる分析で為替相場の動向を予測します。
セレクターの上限数は2000人だそうなので、検討している方はお早めに!

ランキング上位者のセレクトリストから選ぶ

もう一つの選び方が高い収益の実績を残しているユーザーの使っているストラテジーを選ぶやり方。
セレクターランキングでは、みんなのシストレで収益の高いベスト20人を発表しています。
ランカーのセレクトリストを見ることができるので、収益を上げている人がどんなストラテジーを選んでいるのかがわかります。

項目で選ぶ

損益がプラスでも、途中の損失が大きくマイナスになっている場合は資金によってはプラスになる前にロスカットが行われてしまう可能性があります。
自分の資金と合ったストラテジーを選ぶことも重要です。

チェックしたいのが「推奨証拠金」と「PF」です。

推奨証拠金は、過去3ヶ月の実際の取引から算出した1Lotの取引に適切な入金額です。
ソートだと多い順になってしまうので、詳細検索の推奨証拠金の上限に自分の使える資金の額を入力して絞り込みましょう。
PFはプロフィットファクターの略。
総利益が総損失の何倍かを表す数値です。
利益を上げるまでにどれだけ損失があったかを示す数値となり、1でプラスマイナスゼロとなり、1に近いほど総損失の額も大きいということになります。
PFの数値は2程度が理想的と言われ、あまりにも高い数値の場合はデータを取る期間が短く不十分な可能性もあるので注意しましょう。

運用開始後にやるべきこと

設定をすれば選んだストラテジーに沿って運用が自動で始まります。
自動とはいえ、そのままほったらかしにしておくのはNG。
相場は常に変化しているため、設定したときに成績の良かったストラテジーがその後もずっと好調とは限りません。
定期的なチェックは必要です。

利益が出ている場合は継続しても良いですが、損失が出ているときは、他のストラテジーに切り替えることも検討しましょう。
切り替えの際は最新のランキングや成績を再度参考にすると良いでしょう。

とはいえ、自動売買のプログラムはある程度長い目での運用成績を見る事が必要です。
損失が出たからすぐに辞めるのではなく、3ヶ月程度は損益を見続けましょう。

まとめ

自分の代わりに取引を行ってくれる自動売買プログラム。
数あるプログラムの中から最適なものを選ぶのは難しいですが、みんなのシストレはランキングや人気のトレーダーのプログラムを参考にできるので初心者にも選びやすいです。

選んだプログラムが自分に合ったものなのか、今の相場に合っているかの見極めは必要なので、定期的にチェックし、その時の状況によってプログラムの見直しをするようにしましょう。

今回紹介したみんなのシストレの口座開設はこちらから→みんなのシストレ 12月31日までシストレの新規取引で1000円キャッシュバックのキャンペーン中です!

関連記事

忙しい人の24時間頼れる味方 自動売買ツールの種類とおすすめの会社

初心者にもおすすめの自動売買ツール〜FXブロードネット


x
Scroll Up