twitter instagram

FX必勝法?!「押し目買い」と「戻り売り」を極める


FXをしている人で「押し目買い」と「戻り売り」を知らない人はいないと思います。
非常に有名な取引手法ですが、使えている人は意外に少ないのではないでしょうか?
今回は、「押し目買い」と「戻り売り」を失敗なく勝利に繋ぐ方法を解説します。

「押し目買い」と「戻り売り」とは

FXでエントリーポイントを選ぶ際に、相場の転換を狙ったブレイクアウト売買は値幅が大きく取れ、最高に気持ちの良いトレードが出来ます。
しかし、ブレイクアウト狙いはエントリーチャンスが非常に少ないです。

アップトレンドであれば、「押し目買い」でエントリーをし、ダウントレンドの場合は「戻り売り」を狙うのがエントリーチャンスも多く、ベストな取引手法です。

動き出したトレンドは一定期間継続することはダウ理論上から見ても間違いはないのですが、ある程度上昇・下降したところで利益確定決済をするトレーダーが現れます。

アップトレンドの場合は、ある程度上昇をしたところで利益確定決済の調整売りが始まると、価格は下落し「押し目」が生まれます。
この下がりきったポイントでロングエントリーをするのが「押し目買い」になります。

ダウントレンドの場合も、同じくクローズする「決済買い」調整買いの価格上昇は必ず起きます。
この上がり切ったところを狙ってショートエントリーをするのが「戻り売り」になります。

押し目買いと戻り売りに最適なポイントの見つけ方

押し目買と戻り売りの絶対条件

始めに絶対条件として、押し目買いや戻り売りを仕掛けるには上昇または下降トレンドが続いていなければなりません。

アップトレンドの条件は、高値が切上がり、安値も切り上げて作られた山が、2回は続いていることを確認してください。
それが確認できたら、基点から次の安値を繋いでトレンドラインとチャネルラインを引きます。

ダウントレンドは逆に安値が切り下がり、高値も切り下げて作られた山が、2回は続いていること。
下降の場合は基点から次の高値を繋いでトレンドラインとチャネルラインを引きます。

押し目買いと戻り売りのエントリーポイント

エントリーポイントは下記3パターンを目安とします。

①トレンドライン上での反転を確認してエントリーをする

上記アップトレンドのチャート画像の黄色●4か所の位置が、押し目買いの最適なポイントになります。
ダウントレンドの場合もトレンドライン上部に重なり反転した点が戻り売りの最適なポイントとなります。

②エリオット波動の進3波を狙ってエントリーをする

上記アップトレンドのチャート画像では、3波とb波が最適な押し目買いポイントになりますが、形により5波も狙えます。
但し、通常5波の期間は短く直ぐにa波の下落に向かいますから注意してください。

エリオット波動についてはこちらの記事を参考にしてくださいね
相場の波を予測できるエリオット波動でいち早くトレンドを見極める

③フィボナッチリトレースメントの「3分の1」「半値」等での反転を確認してエントリーをする

上記アップトレンドのチャートはトレンドラインの基点からフィボナッチリトレースメントを引いたものです。
黄色●位置が38.2%(3分の1押し)になります。
深目の押しは「61.8%」(半値押し)を意識して下さい、100%まで下落しますとトレンド転換になってしまう可能性が高まり、更に下落が進みます。

ダウントレンドでは「3分の1戻し」「半値戻し」での反転を確認してからショートエントリーをします。

フィボナッチは押し目買いと戻り売りに使えるテクニカル手法の定番です。
こちらの記事も参考にぜひ詳しく学んでおきましょう。
フィボナッチを活用した押し目買いと戻り売りで利確!

反転確認のコツ

反転を確認する方法を詳しく解説いたします。

4時間足チャートで黄色●はフィボナッチ38.2%位置で「押し目買い」ロングエントリーポイントになります。
この反転を見極めるには、チャート時間軸を変更し、転換点を探します。

押し目買いターゲットの反転ポイントに近付きましたら、今までトレードをしていた時間軸のローソク足よりも下位の時間足に変更して分析をします。

下位時間足(例15分足)で下落はジグザグを描きターゲットポイントに届き、ダブルボトムやトリプルボトムを描いた後に反転上昇をして行きます。
上記画像ではネックラインがレジスタンスラインになり2回反転をしています。
そして、3回目でネックラインを抜けますが、抜けた直後はエントリーをしません。
再度、ネックラインまで戻り、そこで反発した位置がエントリーポイントになります。

まとめ

FXトレードの必勝セオリーは、トレンドに逆らわずに、エントリーをすることです。
しかし、チャートはジグザグを描いて進行を続けて行きます。
そこで「押し目買い」「戻り売り」のチャンスが必ず発生するのです。
このチャンスを逃さずに利益を積み重ねていくことが、押し目買い戻り売りのポイントです。

<フィボナッチ・リトレースメントがチャートで使えるおすすめのFX会社>

ヒロセ通商

FX

SBI FXTRADE

SBI FX

JFX

MATRIX TRADER

楽天証券(FX)

楽天証券(FX)
☆☆☆
白熱教室では毎週金曜朝7時にメルマガを配信しています。
キャンペーン情報のほか、トレードに役立つコラムや経済ニュースを載せていますのでぜひご覧になってくださいね。
メルマガの登録はこちらから

メルマガ詳細

 


x
Scroll Up