twitter instagram

FXの最短トレード「スキャルピング」のやり方とポイント、注意点を徹底解説!


FXの取引スタイルは沢山ありますが、最短のトレード方法がスキャルピングです。
スキャルピングは数秒から数分の勝負になります。
レート変動が激しく、方向性がハッキリと出ている時にエントリーをします。
決して、停滞しているレンジ相場で参戦してはいけません。
今回は、スキャルピングのメリット・デメリット、そして攻略のコツなどを解説いたします。

スキャルピングとは

FXトレード方法を時間の観点から解説しますと、下記4通りになります。
①長期トレード(数ヵ月~数年の期間)
②スイングトレード(数日~数週間)
③デイトレード(数時間、日は跨がない)
④スキャルピング(数秒~数分)

スキャルピングは、非常に短い取引を繰り返し行うトレードスタイルになります。
獲得pipsは小さいですがロット数を多くし、複数回トレードをすることで収益を積み重ねていく手法です。

スキャルピングのメリット

スキャルピングはチャート画面を開いている間だけポジションを保有しますので、大負けのリスクは低くなります。
相場にポジションを晒している時間が長ければ長いほど、リスクは高まります。
トレンドは一定期間、同じ方向へ進みますので、流れに乗れば最短で利益が手に入ります。
1日中パソコンに貼りついて居なくてよいので、目標額を手に入れたら後の時間は他の事に熱中出来ます。

スキャルピングのデメリット

FX業者の中にはスキャルピングを禁止している会社もあります。
ただし、禁止事項として書かれているのは「短時間で注文を繰り返すこと」と曖昧になっているため、どの程度を禁じているのかは明確にはなっていません。
禁止の理由としては、短期間で大量の取引を行うとサーバーに負荷がかかるためということと、カバー取引が間に合わなくなるためとされています。
自動売買システムを使用したり、よほど大口の取引をする場合は別ですが、個人で手動で行う際は禁止行為に当たることは少ないと考えても良いですが、最悪の場合は口座凍結となってしまうため、頭の片隅にはとどめておくとよいですね。

中にはスキャルピングOKと名言しているFX会社もあるので、こういった会社を選ぶのもおすすめです。

JFX

MATRIX TRADER

 

また超短期トレードの為、ギャンブル感覚に陥りやすいというデメリットもあります。
トレード中は集中力と判断力が重要なため、非常に精神が疲弊することも覚えておきましょう。

スキャルピングのポイント

スキャルピングを行う上で重要なポイントはいくつかあります

・環境認識を行い、トレンドの方向性を掴んでおく
環境認識についてはこちらの記事を参考にしてみてくださいね
マルチタイムフレーム分析を使った環境認識をマスターして勝ちのシナリオを見つけよう

・トレードのロジックを決めておく
短い時間で売買を繰り返すためには予め決めたロジックに沿ってすばやく行うことが重要です。
詳しくは事項の具体的なやり方で解説します。

・スキャルピングに最適な時間帯を把握しておく
東京市場+ロンドン市場+ニューヨーク市場が重なる21時~25時頃が最適です。

・流動性が高い通貨ペアを選ぶ
EUR/USD、USD/JPY、EUR/JPY、AUD/JPYがおすすめです。
GBP/USD、GBP/JPYも流動性は高いですが、ボラが高く「殺人通貨」と呼ばれているためあまりおすすめはできません。

・スプレッドを意識する
細かくプラスを積み上げていくスキャルピングでは、スプレッドの狭さは勝敗に直結します
トレードする通貨ペアと業者によりスプレッドは異なるため、少しの差でも妥協しないようにしましょう。 

<EUR/USDのスプレッドが狭いFX会社>

ゴールデンウェイ・ジャパン

FXTF AUTO468x60

<USD/JPYのスプレッドが狭いFX会社>

マネーパートナーズ

株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

ゴールデンウェイ・ジャパン

FXTF AUTO468x60

<EUR/JPYのスプレッドが狭いFX会社>

みんなのFX

みんなのFX

ゴールデンウェイ・ジャパン

FXTF AUTO468x60

<AUD/JPYのスプレッドが狭いFX会社>

みんなのFX

みんなのFX

ゴールデンウェイ・ジャパン

FXTF AUTO468x60

・約定力/金融インフラの整備が整った業者を選ぶ
スキャルピングではスリッページ、オフクオート、リクオートは思わぬ損失につながります。
これらが発生しない業者を選びましょう。
 <約定力に定評のあるFX会社>

みんなのFX

みんなのFX

マネーパートナーズ

株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

スキャルピングのやり方

スキャルピングを開始する前に決めておかなければならないのがリスクリワードの設定です。
リスクリワードは資金管理でも重要となりますが、スキャルピングのロジックとしても設定しておくことが必要です。
FXにおける資金管理で知っておきたい3つのこと

リスクリワードを設定する場合は、勝率ごとのリスクリワードレシオを算出しておきましょう。
※リスクリワードレシオ:想定利益(期待値)に対する損失
例)証拠金=100万円、リスクリワード=1:2、1回の負け許容枠=2%、トレード回数=10回

勝率20% 30% 40%50%60%
許容損失 2%2%2%2%2%
リターン2 40,000円40,000円40,000円40,000円40,000円
リスク 1 20,000円 20,000円 20,000円 20,000円 20,000円 
利益金額 80,000円 120,000円 160,000円 200,000円 240,000円
損失金額-160,000円 -140,000円 -120,000円 -100,000円-80,000円
合計残高 920,000円 980,000円1,040,000円1,100,000円1,160,000円

勝率40%をキープ出来ますと、口座資金は増えていきます。

スキャルピングの便利な注文方法

ワンクリックで、「成行注文」「利益確定決済注文」「損切設定注文」ができる方法をお知らせします。

<注文方法>

新規で成り行き注文を出します。
チャート上を右クリックして、「板注文画面」を表示させます。
新規注文時に「T/P」(利益確定決済注文)と「S/L」(損切設定注文)を同時に出します。

ロングエントリーをした場合に、「損切」は15pips下落時に発生し、「利確」は30pips上昇時に発生します。
中央は注文数を設定します。
Lot数は通常1Lotが10万通貨になります。
画面は0.1Lotが表示されていますので1万通貨の注文になります。

ショートエントリーの注文が通りますと、保有ポジションの15pips上に赤い破線が引かれ、此処まで価格が上昇しますとロスカットされます。
注文ラインの30pips下に赤い破線が引かれ、此処まで価格が下落しますと利益確定決済されます。
※スキャルピングですので、実際のトレードではもっと値幅は狭くなります。

まとめ

今回、スキャルピングをする上での心構えを含めて、メリットとデメリットを記載して記事を書き進めてきました。
また、ワンクリックで、エントリー、利確、損切設定が出来る方法も書いておきました。
トレードのロジックについては、スキャルピング用の売買シグナルを出すインジケーターも多数ありますので、それらの検証をしてみるのも興味深いと思います。

☆☆☆
白熱教室では毎週金曜朝7時にメルマガを配信しています。
キャンペーン情報のほか、トレードに役立つコラムや経済ニュースを載せていますのでぜひご覧になってくださいね。
メルマガの登録はこちらから

メルマガ詳細

 


x
Scroll Up